» 未分類のブログ記事

愛車を綺麗に保つ

| 未分類 |

だれでも愛車は綺麗に保っておきたいと考えるのが自然です。

 

特に、苦労して手に入れた車は、例え軽自動車であっても、大切に綺麗に保っておきたい物です。

 

傷一つつけないようにしたいという事であればトリートメントコートを行なう事がおすすめになります。

 

これはワックスのような存在で、車の表面にコーティングする作業になりますが、大体持続期間は3ヶ月程度持つと言われています。

 

3ヶ月に一度行なう事で、車はツヤや光沢がある状態で綺麗に保つ事が出来ます。

 

車を綺麗に保つという事であれば、定期的に洗車をする事が良いのですが、実際には面倒であったり、費用がかかったりということが原因で定期的にする事はほとんどなく、汚れてからするという方が多くなっています。

 

もちろん、それでも問題はありませんが、車の汚れや放置しておくと傷の原因になります。

 

空気中にある細かいゴミが車に付着し、そのまま走行していると目に見えないくらいの細かい傷も出来る事があるので、出来る限り、洗車は行なっておく事がよく、綺麗にしたあとにはトリートメントコートで綺麗な状態を保つ様にする事が良いでしょう。

 

この作業は自分でも出来ますが専門家に依頼する事も出来るので是非一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

車の表面をコーティングする方法としてトリートメントコートが挙げられますが、これは愛車を綺麗な状態に保つにはおすすめになります。

 

ワックスとは異なり、長期間の間に効果が持続する事で、便利に利用されている事が多いのですが、行なうには注意点を踏まえておく事が必要になります。

 

トリートメントコートということだけあり、車の表面にコーティングする作業が行われるので、あらかじめに洗車を行い、汚れやゴミを落とした綺麗な状態にしておくことが望ましいと言えます。

 

そのほうがよりツヤや光沢が出て、綺麗な車体に見えるので、まずは洗車を行なう事を意識しておく事が大切です。

 
洗車を行なっておくのは自分でトリートメントコートを行なう際に必要で、もし、ガソリンスタンドでお願いする場合には、専門の方が洗車を含めて行なってくれたり、洗車を推奨してくれたりするので、正しい方法で綺麗にコーティングする事が出来ます。

 

まずは、トリートメントコートを行なう際に、どういった方法で行なうのか明確にする事がおすすめです。

 

知識がある方であれば、自分で道具を揃えてムラなく行なう事が出来ますが、そうでない場合、まずは専門家に相談してもらってみてはいかがでしょう。

 

 

自動車の性能を常に最高の状態に保つためには定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

 

特にエンジン部は長く使えば使うほどどんどん性能が低下していくので、常に最適な状態に保つためにも可能な限り性能が落ちないように様々な方法でメンテナンスを行うことが必要です。

 

例えばエンジンの性能が低下する原因の一つであるエンジン作動時の衝撃による金属剥離を予防するためにエンジン内部をコーティングするトリートメントコードは比較的容易に使用できるので、エンジンの寿命を長引かせたいという方は是非利用してみてください。

 
エンジンのトリートメントコードはボディーのトリートメントコートのように自分で塗るわけには行きません。

 

ではどうやって使用するのかというとエンジンオイルの注入口から投入するだけで勝手にエンジン内部に成分を送り込むことが出来るので、どれでも好きなタイプのトリートメントを購入して使ってみてください。

 

エンジン内で働くため一見してもその違いは分からないかと思いますが、全く使用しないでいるときよりも間違いなくエンジンの寿命を延ばす事が出来ているはずなので、可能な限り長く今乗っている車に乗り続けたいという方は一度試してみてください。

用法と注意点!

| 未分類 |

 

 

ここ最近の自動車の性能は非常に高くなっていますが、それでもボディーの美しさはそう長く持続できるものでもありません。

 

油断していればあっという間に汚れていってしまいますし、長らく洗車をしないで放置していると細かい傷ができて洗車してもそうした傷のせいで綺麗なボディーに戻すことが出来なくなってしまうこともあるので、そうならないようにもトリートメントもしっかり行うようにしましょう。

 

トリートメントは自動車のボディーなどを保護するために行う仕上げ作業のようなもので、これの有無が洗車後の仕上がりにも大きな影響を与えるので、なるべく綺麗な状態を保ちたいという方は必ず行ってください。

 
自動車のボディーのトリートメントを行うためにはトリートメントコートを使います。

 

トリートメントコートを使う際は基本的には前もって洗車して汚れや金属片などが残っていない状態にした後使うのが基本ですが、その前に必ず使用上の注意をよく読んだ上で正しい使い方をするようにしてください。

 

何となくのイメージで使って逆に細かい傷を大量につけてしまったというケースも珍しくないので、常に綺麗な状態を保ち続けるためにも正しいケアをしてあげてください。

種類もいろいろ

| 未分類 |

 

 

車のボディーはあっという間に汚れてしまいますし、長い間洗車もしないまま放置していると細かい傷も付きやすくなります。

 

当然そのまま放置してもいい事は何一つ無いので、ある程度の期間が経ったらトリートメントコートの使用を含めてしっかり洗車するようにしましょう。

 

トリートメントコートには様々な種類がありますがそれぞれ使用している素材が異なり、仕上がりや艶出し以外の効果にも差が表れるので、車種や普段車を使用している環境などを考慮した上でどのトリートメントを使用するか決めましょう。

 
自動車のトリートメントコートの種類は数多くありますが、素材の違いはその効果を大きく左右します。

 

例えば傷にとにかく強いものもあれば撥水性の高さに定評のあるもの、艶だし効果の持続期間が長いものなど色々なものがあるので、それぞれの効果を考慮に入れてどれを使うべきか決めましょう。

 

そうした効果の違いに関しては実際に商品を見て調べるのも良いですし、店員にオススメの商品が何か聞いてみたりネット上のレビューサイトを通してみるなり色々な方法を利用することが出来るので、普段から洗車はするけれどもトリートメントなどは一切していないという方はこの機会に是非チャレンジしてみてください。

 

 

普段の運転でたとえ車のメンテナンスを毎日の様に気にして使っていても、さらに放置していても空気中の排気ガスなどが原因で汚れていってしまいます。

 

汚れた車は洗車をすることで綺麗に汚れを落とす事が出来ますが、それ以上に綺麗にするにはトリートメントを行なう事がおすすめになります。

 

トリートメントはワックスと同等の効果を得る事ができますが、より長い期間、ツヤが持続する効能があり、ツヤのある状態を長く保つ事が出来るので、綺麗に愛車を使いたい方には非常におすすめです。

 

これは軽自動車でも高級車でも活用される事がありますが、より気に入っている車に関しては是非行なっておきたいでしょう。

 

トリートメントはツヤを出すだけではなく、空気中の細かいゴミからの傷を予防する事にも役立ちます。

 

薄いコーティングを行なう事でもあるので、汚れがつきにくく、長期間、綺麗に保っておく事が出来るので、カッコいい車を見せたい時が合った際には、その数日前に行なっておく事がおすすめです。

 

特にトリートメント仕立ての時期は、洗車後以上の光沢がある状態になるので、とても清潔感を感じられます。今までにそういった事を行なった事が無い方も是非、機会があれば愛車をトリートメントにかけて綺麗にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

自動車の品質を保つためには日頃のお手入れが非常に重要になってきます。

 

最近は自動車の性能も向上し、多少パーツが劣化しても走行性に変化が出にくくなって来ているといいますが、それでもボディーの汚れは長く乗れば乗るほど頑固なものになりますし、傷も付きやすくなっていきます。

 

そうした変化の原因はトリートメントコートなどを使用する事によって出来た表面の保護膜が雨などによって剥がれ落ちてしまったことが原因とされており、定期的に新しいトリートメントコートを使用しておくことで洗車後の仕上がりやその後のボディーの美しさにも大きな差が出てきます。

 
定期的に洗車をしているという方でもトリートメントコートを掛けるまではしないという方は少なくありません。

 

実際普通にシャンプーなどを使用して洗車するだけでも十分綺麗になりますし、最近はシャンプー内にボディーに艶を出す成分が含まれているものも少なくないので洗車直後は艶もしっかり出すことができるそうです。

 

しかしちゃんとしたトリートメントコートを使用しているのといないのとでは仕上がりに大きな差があり、使用した後の艶を維持できる期間も相当長いので、なるべく長い間綺麗な状態を保ちたいのであればちゃんとしたトリートメントを洗車後に刷るようにしましょう。

 

 

車体フォルムの寿命はおよそ10年程といわれていますが、ボディーに限って言えば大体5年くらいで寿命を迎えるといわれており、表面の塗装にいたってはものの数ヶ月で表面の保護剤は剥がれてしまいます。

 

そうなると購入したてのころのボディーの艶はあっという間に失われ、汚れや傷も付きやすくなってしまうので、ボディーの美しさを少しでも長く保つためには定期的にトリートメントコートを塗布することが重要です。

 

トリートメントコートには様々な種類があり、それぞれ違った効果を発揮することが出来るので、トリートメントを行う際はそうした違いにも注目してみましょう。

 
自動車のトリートメントコートの効果はただ単にボディーに艶を出す以外にも細かい傷がつくのを防いだり汚れを付着させにくい状態にすることが出来たりと色々な効果を発揮することが出来ます。

 

それらの効果は使用するトリートメントコートによって異なるため、新しいトリートメントコートを購入する際などにどのような効果があるのか前もって確認するようにしましょう。

 

最近だと実際に色々なコーティング剤を使用した方の感想などをネット経由で調べることも出来るのでそういった情報を参考にしてみるのも良いかも知れません。

 

 

自分の愛車には出来るだけ綺麗な状態で、傷一つない状態を保っておきたいと考える事が多いのではないでしょうか。

 

苦労して購入した車には、新車同様の輝きがある状態である方が望ましいと言えます。

 

車は走行をしていると細かいチリなどが原因で傷がついてしまう恐れがあります。

 

その要因を予防する方法としてはトリートメントコートを行なう事がおすすめです。

 

これは、車体をツヤがある状態にし、尚かつ薄い膜で車体へ直接傷をつけることを予防するにはとっておきの方法です。専用の液体を手に入れれば自分で行なう事も出来ますが、綺麗にムラなく行ないたい場合には専門家に依頼する事が良いでしょう。

 
トリートメントコートはガソリンスタンドやカーディーラーに依頼する事で、プロの技術を用いて作業を行ってくれます。

 

自分で行なうにしてもこれには手順があり、予めしっかりと洗車をし、綺麗な状態で行なう事が望ましいと言えます。

 

汚れた状態で行なうと、薄いコーティングが施されている状態になる為、中の汚れを落とす事が出来ず、尚かつ傷を付けてしまう原因になりかねません。

 

トリートメントコートに関して深い知識が無い方は出来るだけ専門家に依頼する方が確実になります。